子宮筋腫の手術

多くは30代?50代の人に多く見られますが、今は初経年齢が若くなっている事も有り若い世代の人にも見られる様になってきているそうです。ですから他の臓器への転移と言うのは心配する事は有りません。月経が有る女性であれば子宮筋腫が出来る可能性は充分に有り、小さい筋腫も含めたら殆どの女性に有るのではないかと言われる位、ありふれた病気と言っても良いでしょう。実際に触る事は殆ど無いと思いますが、硬さはソフトボール位で色もピンクか灰白色をしています。

手術も全部行うのではなく、場合によってはなので医師と相談して決める事になります。つまり腫瘍が子宮内に出来てしまうのですが良性の腫瘍となっています。またタイプも子宮内の筋肉の内側に出来る物、外側に出来る物で変わってきますし、子宮から飛び出て膣の方まで出てくる物も有るのです。これは筋肉の瘤の様な塊が平滑筋の中に出来てしまう事を指しているのです。

場合によっては手術を行い取り除く様になります。子宮筋腫と言う病気をご存知でしょうか。また子宮内の血液循環が悪くなると暗赤色の様に血液が充満した色になる事も有るそうです。子宮筋腫が出来る場所は子宮内の何処の部分にも可能性が有ります。

最初は筋腫も小さいですが徐々に徐々に他の正常な筋肉を押しのける形で成長していきます。 大きさも人それぞれで小さくて顕微鏡でしか確認できない物から数十センチクラスまで大 きくなる事も有ります。この出来た場所によって身体に現れる症状も違いますし、治療も 変わってくる事になります。自分はどのような状態なのかを医師に良く聞いて、治療内容に しっかり同意してから治療を受けるようにしましょうね。


良性の腫瘍

女性の身体って不思議ですよね。通常、子宮筋腫と言うのは悪性ではなく良性の腫瘍で有る為に、どうしようもなく大きくなってしまう事と言うのはそんなに無いです。それに子宮筋腫って出来る時は1個ではなくて複数個出来てしまう場合が殆どだそうなのでそれも謎ですよね。筋腫予備軍は多くの女性の子宮の中に有ると考えられていますが、この筋腫予備軍がぐんぐん成長して症状を引き起こしてしまう場合と、引き起こさない場合が有る様です。

)が子宮筋腫を作ってしまう原因だと言われているのですが、既に完成している子宮にはいくらエストロゲンを与えても筋腫は出来ないそうです。これは卵巣からくるホルモンの働き方や子宮筋腫予備軍の状態の違いによって、育ち方に違いが出てくると考えられているのです。この様に女性の卵巣から出ているホルモン(多くはエストロゲンと言うホルモンが原因だと言われています。でも何で子宮筋腫が子宮の筋肉の中に出来るのかと言うのはいまだ謎なんだそうです。

手術以外の方法でも治療をする事が出来るので後は医師との相談になりますね。でも大きくなってしまうと手術等をして取り除いた方が良い場合も有ります。そう考えると月経を起こしている卵巣のホルモンが子宮筋腫が出来る原因と関係している事が分かると思います。全然何ともならない人だっているのですから。

手術になるとちょっと不安ですよね。つまり月経が始まっていないお子さん、閉経してしまった女性の方 には殆ど発生しないと言う事なのです。でも子宮筋腫って月経が有る女性にしか発生しないと言われています。 ですので、月経が終わった女性は安心、と思っているかもしれませんが、実は稀ですが、月経が終わっても 子宮筋腫になる人もいます。実は私の母も月経が終わった後にこの病気になったのです。


手術の場合

手術の場合は医師に相談の上決める様にしてくださいね。更に大腸が圧迫される様になると便秘を起こす場合も有るそうです。不正出血の可能性も有るそうです。また成長してくると卵管が圧迫される事も有り、これが不妊症の原因になる事も有るそうです。

今までの統計によると全体の9割以上は子宮内部に発生していて、1割以下の方は子宮頚部に発生していると言われています。症状が出る頃には膀胱が圧迫される事も有り、ひん尿になるケースも有ります。「粘膜下筋腫」は月経量が増えてしまう事により月経痛が酷くなったり貧血になったりする場合も有り、場合によっては不妊症になる可能性も有ります。子宮の中に出来る筋腫はまたそれぞれ場所が有って、「筋層内筋腫」と言う子宮の筋肉の中に出来る筋腫、「しょう膜下筋腫」と言う子宮の表面に出来てしまう筋腫、「粘膜下筋腫」と言う子宮の内宮に出来てしまう筋腫が有ります。

場所によっては背中が痛くなる事もあるそうです。この様な症状が出来る場所によって違ってくるのも子宮筋腫の特徴で、場合によっては手術になる可能性も有ります。「しょう膜下筋腫」は大きく成長してしまうとお腹の上から触っても分かる位、固いしこりとして出てきます。初期状態は症状はさほど出てこない為、結構成長してから出ないと症状として出てこないのが特徴的です。

一言で「子宮筋腫」と言ってもその出来る場所は人それぞれだそうです。「筋層内筋腫」に関しては子宮の内側が伸びる様な感じで成長していく為に、月経量が増えてしまう傾向に有ります。これにより月経痛が酷くなったり貧血になったりする症状が出てくるそうです。


お腹から筋腫

大きく成長するとお腹から筋腫が触れてしまう事も有ります。これは子宮内に小さい筋腫や大きい筋腫等大きさはバラバラで出来ますし、1つだけじゃなく複数出来てしまう事も有ります。小さい内は症状も殆ど無いのですが成長してくると子宮内膜を圧迫してしまう為に内腔の形が変わっていき、月経量が多くなったり月経困難症になったりする事もあるのです。

場合によっては手術をして切除する場合もあるのですが、手術をしなくても治療が出来るケースも有りますので医師と相談して下さいね。また子宮内膜に受精卵が着床するのを妨げてしまう可能性が有る為、妊娠しにくいと言った状態になる事も有ります。「しょう膜下筋腫」は全体の2割程度の発生率である種類の筋腫ですが、筋腫自体が大きく成長しないと症状が出てこないと言った特徴が有ります。

「粘膜下筋腫」は全体の1割程度しか出来ないと言われていて、めったに出来る事は無い筋腫の種類になりますが、月経量の多さや不正出血と言った症状がどの筋腫の種類よりも強く出てしまう種類の筋腫になります。出来る場所によって子宮筋腫の種類が分けられるってご存知でしたでしょうか。これらの筋腫は1種類だけ出来るのではなく、複数種類が合併して出来てしまう事も有るそうです。

子宮内部に出来る子宮筋腫を「体部筋腫」と言う種類になり、子宮頸部に出来る子宮筋腫を 「頸部筋腫」と言う種類に分ける事が出来ます。大体9割以上が体部筋腫と言う種類で有ると言われて います。その体部筋腫は「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」「しょう粘膜下筋腫」に分けられますが、 中でも全体の7割以上を占めるのが「筋層内筋腫」だそうです。 このようにむつかしい専門用語がたくさんならんでいますが、しっかりと基礎知識を知りたいのであれば、 単語を調べて頭にいれておく必要があります。


子宮筋腫と混同

子宮筋腫と混同されやすいので、きちんと医師に診てもらう必要が有ります。また子宮筋腫より発生率が高い病気としても知られていて、30代後半から50代になるまでの女性で妊娠、出産を経験した方に多く出る様です。また放っておくと症状がどんどん強くなってしまいますので不妊症の原因になってしまう事も考えられます。

稀に症状が起きない場合も有るのですが、大抵は激しい月経痛、月経過多が有りますので日常生活に支障をきたす事もあるのです。また閉経すると病気自体は治まりますがそれまで待つのはオススメしませんので、適切な治療を受ける様にしましょう。この病気は子宮内膜症の1つに当たるのですが、子宮筋層と言う部分に内膜症細胞が増殖してしまう事により、子宮内の壁が固くなってしまったり腫れてしまったりする病気の事を指しています。

月経過多、月経困難症と言った症状が特徴的な病気に子宮筋腫が有りますが、こうした症状がもっと強く出てしまう病気に子宮腺筋症と言う病気が有ります。また最近は若い世代の女性にも発生する様になってきているとも言われています。この子宮腺筋症になった場合の治療法ですが、子宮全摘出手術が一般的な治療と言われていましたが、最近では核手術で行える場合も増えていると言い、女性にとっては負担がちょっとでも少なくなる様な治療法に変わってきています。

また薬物療法で様子を見る事ももちろん有りますので全部が全部手術になるとは限りません。


子宮内膜症

「子宮内膜症」と言う女性特有の病気が有ります。そして閉経と共に治っていく病気ですので、ご自身の症状に合わせて医師と相談の元、適切な治療をうけて上手に付き合っていく必要が有ります。妊娠をしない場合は内膜が子宮から剥がれ落ち、月経血となって体外に出され、これが生理と言う事になります。子宮筋腫の場合は手術をする治療法が有りますが、子宮内膜症の場合は手術や色んな治療法が有りますので医師の診断を受ける事が大切となります。

子宮内膜症は本来子宮の内側に内膜が有るのが正常な所、子宮じゃない部分に出来て増殖→剥離を繰り返す事を指しているの です。こう言う状態になると、炎症が起こったり癒着したり、痛みが出てくる様になったりします。この受精卵のベッドの様 な役割をしてくれる膜なのです。子宮の内側を覆う様に粘膜が有りこれを子宮内膜と言います。 細かいようですが、病気のことをよく知るためにはこのような多少複雑な用語も知っておく必要があります。

症状が現れる人と現れない人がいる為、必ず症状が出るとは限りませんが月経異常を起こす様になると月経の度に症状が酷くなってくる様になります。この病気は子宮筋腫と同じ様に月経異常の様な症状が現れる病気です。子宮内膜症は命に関わる病気ではないのですが、色んな症状で辛い思いをする場合もあるので楽観視もしてはいけません。

妊娠する時に受精卵が着床しますよね。こうした子宮内膜症が起こる原因としては、晩婚化や晩産化が進んでいる事によって、女性の月経回数が増え てしまっている事に有ると考えられています。その症状が日常生活に支障をきたす事も珍しくないそうです。 月経の症状は女性により様々ですが、ひどい人になると出勤できない、数日まるっきり寝込んでしまう、というほど重度の 症状を発症する人も案外多くいます。このような症状を軽減する薬もありますので、あまりひどいのであれば、病院にいかれたほうがよいでしょう。




腫瘍

「子宮肉腫」は「子宮筋腫」と似ている症状です。更に子宮肉腫には「ガン」と「肉腫」と言う種類に分けられ、子宮の上皮組織から出来てしまう「ガン」に対して、子宮の上皮組織以外の所から出来てしまうのを「腫瘍」と呼んでいる様です。また子宮肉腫の状態が進んでしまっている場合には、手術じゃなくて科学療法か放射線療法を行って進行や痛みを遅らせる治療になるそうです。

子宮肉腫はそんなに発生率が高くない病気ですが、子宮筋腫と症状がかなり似ている為に、区別するのが難しいとも言われています。また臓器が圧迫される場合、痛みが伴うのも子宮肉腫の特徴になります。この場合は先ず子宮筋腫の手術がそのまま行われ、再度開腹手術をする事になるそうです。

但し子宮筋腫の場合は月経痛が月経時に有るのに対して、子宮肉腫の場合は腰や下腹部の痛みが月経時以外にも持続して 続くと言われています。また子宮筋腫ではおりものは少量しか分泌されませんが、子宮肉腫では褐色や黄色の色が付い たおりものが分泌されます。子宮筋腫は良性の腫瘍であるのに対し、子宮肉腫は悪性の腫瘍になりますので必ず病院に行って診察を受けなければなりません。 ほっておくと本当に病気になってしまい、取り返しがつかなくなるケースも珍しくはないのです。

子宮筋腫と子宮肉腫の区別は難しいと先程記述しましたが、どちらか確定させる為には手術をしなければならないそ うです。また子宮筋腫の手術が行われている際に子宮肉腫を見つける事もあるそうなのです。更に子宮筋腫の場合は閉経 と共に病気自体が終息に向かいますが、子宮肉腫は閉経後でも大きくなる可能性を秘めています。 そのような病気にならないために健康診断も必要になってきます。このような健康診断はある年齢になると無料になる場合も あるのでぜひ活用しましょう。